AISの考え方

AISの考える国際理解教育とは…

  • 世界のあらゆることを扱います。
  • 世界の現状を知り、その中にある課題を見つけ、それを自分の課題として捉え、解決のための手立てを考えます。
  • AISは、国際理解教育で、自分で考え、参加・行動していける主体を育むことを目指します。

AISの考えるワークショップとは…

  • もともとの意味は「作業場」。対等な立場で参加した人たちが、相互に学び合う学習スタイルです。講師が一方的に話しをする講義形式とは違う参加者全員の学び合いの場です。

AISの考えるファシリテーターとは…

  • facilitateは「促進する」。ワークショップをねらいと願いをもって構成し、時間を管理しながら進行する人のことです。