12月1日に岐阜県で開発教育に取り組む先生方の集まりに招かれました。

SDGsの学び方、伝え方を参加型でやってみたい、という依頼でしたので、
わたしのいちばん好きなAISオリジナルプログラム「作って△」をやってきました。

最後には、質疑応答をしましたが、
プログラムのことよりも、任意の集まりをどのように持続させるか、という話になりました。

AISも、前身から考えると、間もなく20年。
持続はして、それなりに活発に活動はしていますが、
高齢化に直面しており、これから、どう持続させていくかが課題です。

だれか、AISのスキルをうけついでくれる人はいないものか、、

岐阜では、このような新しい集まりが生まれていることをうれしく感じて帰ってきました。