平成が間も無く終わりを告げます。温暖化の影響か?自然災害が多かったとも総括されているようです。そもそも、地球視点では、隕石衝突や火山噴火や地殻変動の中に人間の営みがあると言える訳で。卑弥呼から中世、織田信長、秀吉、家康、宮沢賢治までもが、さまざまなエポックがそれぞれ天変地異から解き明かされているのがこの本。妙に納得!それとも一笑に付す?漫画本です。

紹介したかったのはーーー

「世界が  ぜんたい  幸福にならないうちは  個人の幸福は  あり得ない」宮沢賢治の一言です。