一人の内科医が地域医療の中で、もがき、立場に応じて成長するお話です。

今回は大学医局のあり方VS患者は何か、が描かれてます。

主人公、栗原一止は一貫して人への敬意を払い、医師として守るために時にルール違反をします。

それが新しい、否元々の医療の原点へと組織に風を送ります。

彼のブレない生き方、強さに憧れます。